注文住宅営業のやりがい・仕事内容とは?

注文住宅営業の仕事内容

楽座イメージ

建築業界の中での働き方のひとつとして「注文住宅営業」の仕事内容、やりがいをまとめています。

注文住宅営業は、顧客が希望の住宅を建設できるようにサポートし、設計士や建築士、工事担当者と顧客の間の調整役を担う仕事。

注文住宅は、自由設計であることから、一人ひとりの顧客にあった家づくりができる楽しみがある一方、現場の工事担当者と設計士との調整などの難しい局面に立たされることも。

住宅販売や提案という仕事内容から、高いコミュニケーション能力と地道な努力が求められる注文住宅営業のやりがいを紹介していきます。

新規顧客の獲得

注文住宅営業の仕事の中でも大切なのは、新規顧客の獲得です。家を建てたいと望む方に、自社のプランを紹介して購入してもらう必要があります。

住宅を新しく建てる顧客の獲得は費用が多くかかるもあり、簡単なことではありません。新しく顧客を獲得するために、住宅展示場や現場見学会に来場された方の訪問や、建設中の現場周辺の戸別訪問といった、地道な営業活動が必要になります。

住宅展示場や現場見学会を開催時には、来場者とコミュニケーションを取り、接客をする中でどういった住宅を望んでいるのか、予算がどれくらいなのかをヒアリング。理想の住宅建てるために必要な具体的な提案をします。高いコミュニケーション能力と、提案力が必要とされる仕事と言えるでしょう。

信頼関係を築き顧客を紹介してもらう

不動産会社と連携をとることで、新規顧客を獲得する方法もあります。不動産会社で土地を購入する方で「家を建てたい」をいう方にアプローチしていく方法です。

日頃から不動産会社の方に挨拶に行き、関係性を深めて、不動産屋会社との関係も良好に保つ必要があります。注文住宅営業は日頃の地道な営業活動から新規顧客を獲得するを仕事です。

顧客の希望を聞き取り設計担当とともに計画を作成する

注文住宅営業の仕事は、顧客の希望を聞き取り、設計担当とともに計画を作成するのも仕事。注文住宅を建てたい人が希望する間取りや設備、デザインなどの聞き取り、設計担当との間の調整役を担います。

さらに、建築にかかる費用(資金計画)や期間などの細かい計画を立てるのも仕事のひとつ。作業中の打ち合わせや工事担当者との連携、建設作業が始まる前の準備から作業中のフォロー、作業後の引き渡しまで顧客が満足できているかまで確認します。

注文住宅営業という仕事のやりがい

注文住宅の営業で感じるやりがいは、顧客の望む通りの家が建てられたときに感じるでしょう。「希望通りの家にしてくれてありがとう」という気持ちが何よりも達成感を感じさせてくれます。

新規顧客の開拓はスタートライン

自分が行った営業活動が実を結ぶ瞬間と言えば、新規顧客の獲得です。足や頭を使った結果が得られるため、達成感もひとしお。しかし、顧客の獲得は注文住宅を建てるという目的のスタートです。営業という仕事は、大きな目的のスタートラインにある仕事なのです。営業がいなければ、家づくりをしたい人と家を造る人を結び付けることができません。責任は重大ですが、それだけやりがいも大きいでしょう。

適切な橋渡しがやりがいを生む

注文住宅は、顧客ごとに違う間取りやデザインが採用されます。オーダーメイドの家づくりならではです。新しい顧客と出会う度に、対応する内容も変わります。そのため、毎回新しく新鮮な気持ちで取り掛かれるのが特徴です。

毎回違う要望を、どうすれば叶えられるか。顧客と設計士、現場の作業員たちなどへスムーズに情報の橋渡しができるかがポイントです。不動産会社や銀行員とも、連携が必要なことも多いでしょう。日々、新しいチャレンジの連続が新しいやりがいを生むのです。

PICK UP
注目記事
イメージ
20代・30代が働きやすい
建築会社ってどんなもの?

年功序列社会が続く岐阜の建築業界。その中で、20代・30代がやりがいを感じながら活躍できる場を提供することに、真剣に取り組んでいる建築会社があります。その若き社長にインタビューをしました。