岐阜で建築の「やりがい」と「働き方」を考えるメディア » 【天下布武】インタビュー~転職から切り開いた今~

転職から切り開いた今
岐阜の建築会社グランハウス社員にインタビュー

天下布武イメージ

岐阜の建築業界で活躍しながらも、あえて安定した立場から転職という選択肢をとり、さらなる輝きを放つ若者たちへインタビューを慣行。
岐阜の地に安定した繁栄をもたらすため、旧態依然の世の中への革新を試みた信長の「天下布武」を共に目指す想いを、語っていただきました。

岐阜の建築業界で転職を経験した3人の若者たち

インタビュー 公式HPイメージ
「家を売る」営業が「家をつくる」設計士へ

岐阜県内の有名建築会社の注文住宅営業として、トップセールスを走り続けていた桐山さん。トップを走り続けたからこそ、販売だけを行なっている営業という職種事態へ、限界を感じたそうです。お客様にとって一生に一度だけの大きなプロジェクト「家づくり」の根幹に触れるため、設計士への転身をしたその決意や、今だからこそ感じられるやりがいなどをうかがいいました。

インタビュー 公式HPイメージ
「私にしかできない仕事」ができる設計士へ

インテリア家具の販売から住宅営業のサポート、設計、そして有名テーマパークのオープニングスタッフなど、様々な業務を経験してきた羽賀さん。ただただ会社に帰属するだけの「誰でもできる仕事」ではなく、ご自身の名前をお客様に覚えてもらえるような「私という個人を見てもらえる仕事」を実現するため、設計士として日々活躍を続けています。現在の職業・会社に至るまでの道のりをうかがいました。

インタビュー 公式HPイメージ
「岐阜で一番の建築事務所」を仲間と目指す現場監督へ

大学卒業後から住宅会社に勤め続け、営業から現場監督、アフターメンテナンスまで、幅広い知識を有す永井さん。建築への情熱は人一倍あるものの、以前の会社では職場環境や評価体制に違和感を覚えることも少なくなかったそうです。転職をしようという決め手はどんなものだったのか、さらに「この仲間たちと、岐阜で一番の建築事務所をつくる」という目標を見つけるに至ったきっかけとはなにか、うかがいました。

番外:岐阜の建築会社への就職を決めた新卒社員へインタビュー

岐阜の建築業界での活躍を目指し、新卒で就職を決めた若者へインタビューを慣行。
。次世代を担う若き設計士が、何を求めグランハウスへ入社をしたのかうかがいました。

インタビュー 公式HPイメージ
「目標への逆算思考」で入社を果たした未来の設計士

京都にある建築の専門学校に在籍しながらも、グランハウスにて正社員として採用されている盛下さん。同年代の誰よりも先に本物の現場に身を置いて学んでいるのだと話してくれました。地元の友人や恩師たちと関われるようになりたい。その夢を追うための最短距離を逆算し、実行している盛下氏に、話しをうかがいました。

PICK UP
注目記事
イメージ
20代・30代が働きやすい
建築会社ってどんなもの?

年功序列社会が続く岐阜の建築業界。その中で、20代・30代がやりがいを感じながら活躍できる場を提供することに、真剣に取り組んでいる建築会社があります。その若き社長にインタビューをしました。