新卒で建築業界で働くには?

岐阜で建築業界に就職を真剣に考えている人に向けて、岐阜県内の建築業界の求人数や、求められている人材についてまとめてみました。

新卒から即戦力になろう!

岐阜県内には、多くの建築会社、建築事務所や設計事務所があります。

新卒での建築業界の求人数はたくさん募集されているので、建築物に携わる仕事がしたいと考えている学生さんや設計の仕事を目指している学生さんにとって、建築業界に飛び込むにはいい時期といえるでしょう。

建築業界といっても職種はさまざま。建築士の資格を取得していなくても、採用している企業もあります。さらに、大学や専門学校で建築を学んでいなくても、資格取得応援制度を設けて人材育成に力を入れている会社もあるようです。

  • 住宅設計
  • 建築設計
  • 設計管理
  • 施工管理
  • 空間デザイン・ディスプレイ
  • 営業事務

建築設計事務所・建築会社への就職活動

建築設計事務所・建築会社の職種について

設計士

設計士はその名のとおり建物を設計する担当です。家を建てたいお客様の話を聞き、外観・内観含めてイメージに起こすことから仕事が始まります。施主が理想とする住まいを完成させるためには、なくてはならない存在です。

施主の希望をヒアリングしながら居心地の良い家を設計することはもちろんですが、場合によっては土地探しからお手伝いをすることも。当サイトの取材に協力してくれた「グランハウス一級建築士事務所」では無料相談に来てくれたお客様への対応から、土地探し、資金計画のサポートも含めて一貫して対応できます。

営業

営業担当は、日々土地探しやお客様探しに奮闘します。家の購入を検討している方へ、自社の家づくりの魅力を伝えるようなシーンもあれば、検討中のお客様の元に出向いてじっくりお話をすることもあるでしょう。

お客様と電話で話したり直接対話したり、密に触れ合うことができる仕事のため、人と話ことが好きな人にとっては魅力的な職種です。

施工管理・現場監督

実際に家を建てるとなると、設計書を元に現場に立ち会う必要が出てきたり、その工程を管理する必要が生じます。そこに立ち会うのが施工管理の担当者や現場監督の務めです。

家を実際につくっていくのは現場にいる大工さんや職人さんです。その方たちと密なコミュニケーションを図ることで、家づくりはより良いものへ進化していきます。時には指揮者のような役割で、時には緩衝材のようなイメージで仕事を行うことが大切です。

そのほか

建築設計事務所ではほかにもさまざまな求人があります。たとえば住まいの内装を手掛けるインテリアコーディネーターや、会社の経営・運営に関わる事務スタッフなど。また、今回当サイトの取材に協力してくれた「グランハウス一級建築士事務所」では保育士の募集も行っています。

建築設計事務所・建築会社の求人について

募集時期は事務所によってさまざま

他の業界と大きく異なる点は、求人募集時期があいまいな点です。新卒を採用するために前年の4月に求人を出したり、コンスタントに求人を出し続けたりする事務所はほとんどありません。急遽欠員が出て人手が不足している、繁忙期に備えて人員を確保したいなど、人員が必要になったタイミングでしか募集をかけない事務所もあるそう。

もし気になる事務所や会社がある場合は、まずは公式サイトなどで求人状況を確認し、募集がない場合は諦めずに定期的にチェックしましょう。

求人の見つけ方

中小の建築設計事務所・建築会社の場合、ポータル系の就活サイトには求人を掲載していない可能性が大。求人情報を得たいなら、事務所や会社の公式サイトをチェックするのが最も確実です。

とはいえ、気になる設計事務所や会社すら決まっていない状態だと、どのサイトから見て良いか分からないもの。そんなときは「岐阜 注文住宅」「岐阜 設計事務所」といったキーワードで検索してみて、会社の特徴や実際の施工例を見ながら気になる企業を探してみるのがおすすめです。

グランハウスの
求人情報をチェック

【新卒向け】建築設計事務所・建築会社の選び方

学べる環境か、スキルアップが目指せるか

新卒で入社したうちは、まだまだひよっこ同然。いきなり大きな仕事を任せて放置されても、納得のいく仕事はできません。まずは先輩や上司がフォローしながら、適切に成長を促してくれる環境が必要不可欠です。

またスキルアップが目指せる環境かどうかも大切。たとえば資格取得のためのフォロー制度があるか、資格取得後は給与に手当が加算されるかなどをチェックしておきましょう。

働きやすい環境か、給与や休日など

もちろん、給与や休日なども事前にチェックしておかなければなりません。これは労働者の権利であって、企業側の義務でもあります。なかには給与や休日を不明慮にしている求人もありますが、必ず面接前か面接時に内容を確認しましょう。

そのほか福利厚生の内容や産休・育休をはじめとする休暇制度なども事前にチェックしておいてくださいね。

自分が建てたいと思えるような家づくりを行っているか

設計事務所・建築会社への就職を目指すなら、自分が建てたいと思える家づくりを行っているかどうかが大切です。せっかく入社しても、家づくりに対する考えやコンセプトが会社と異なれば、どうしても歪みが生まれてしまいます。納得できない家づくりは、誰も幸せになれません。

設計事務所・建築会社がどういった思いで家づくりに向き合っているか、また実際にどういった家を建ててきたかは必ずチェックしましょう。

インターンシップに参加してみるのが◎

設計事務所や建築会社のなかには、インターンシップを用意しているところもあります。期間は1日~数週間と会社によってさまざまですが、実際の社内の雰囲気を知ることができる大チャンス。もし気になっている会社がインターンシップを行っているなら、ぜひ参加しておきましょう。

もし気になる会社がまだ見つかっていない場合でも、業界そのものの雰囲気や仕事内容を知るために参加していて損はありません。実際に働いている人の声を聞いたり、仕事内容を目の当たりにできる機会は、新卒入社を予定している方にとって大きな財産になるはずです。

グランハウス一級建築士事務所
公式サイトで
インターンの募集を確認する

女性が活躍できる環境があるか

最近では女性が働きやすい社会の基盤が整ってきていますが、建築業界全体が女性にとって働きやすいとは言えません。入社はできてもなかなか出世させてもらえない…という会社も一部ながらあるようです。

実際にその会社で働く女性の声を聞くのが一番ですが、難しい場合は面接時に産休・育休の取得率、その後の復帰率などを確認してみてましょう。また、働いている女性社員の話を聞かせてもらえないか相談してみるのも◎です。

どのような新卒者が求められている?

職種や業界によって、向き不向きや求められる人材は違ってきます。建築業界で働くには建築士の資格やスキルがあると優遇されることも。ただ、新卒であればスキルよりもやる気で採用されることも。

建築・設計業界では、どのような人物が求められているのでしょうか。ここでは、建築業界で働く人に向いている人材についてまとめてみました。

コミュニケーション能力に長けている人材

建築業界では「考えや思いを表現して相手に上手く伝える」というのは、業務上とても大切になります。

建物を作る際に住む相手の立場に立って考えて設計できるのは、とても大切なことです。建築は一人ではできません。

必要なことをきちんと伝えられるのか。コミュニケーション能力は重要視されているようです。

想像力豊富な人材

建築の知識はもちろん、想像力豊かということも求められています。知識や経験を元に、合理的に判断を下していくことが多い建築の仕事ですので、常に先のことを考えられるような力を持っていることが重要です。

体力に自信のある人材

建築業界は心身ともにハードワークです。自己管理をしっかりとできる体力に自信のある人も向いているといえるでしょう。

建築業界で得られるスキル・醍醐味

建築業界で働くスキルや醍醐味とは一体どのようなことがあるのでしょうか。建築業界をもともと目指していた人にとっては、建物の建設にどのような形でも携われたことは、夢が叶ったということになります。

建物が完成した後に「あの建物に自分も関わったんだ」と眺める瞬間は、感動もひとしお。実際に現場で得た経験を、次の現場ですぐに活かせたり、仕事ひとつひとつをスキルとして習得できます。

資格はもちろんのこと、なによりも経験や実績がものを言う建築業界。仕事をすることで自然とスキルが高まっていくのが、建築業界なのです。

PICK UP
注目記事
イメージ
20代・30代が働きやすい
建築会社ってどんなもの?

年功序列社会が続く岐阜の建築業界。その中で、20代・30代がやりがいを感じながら活躍できる場を提供することに、真剣に取り組んでいる建築会社があります。その若き社長にインタビューをしました。