建築士と設計士の違いとは

楽座イメージ

建築士と設計士の違いは一級建築士、二級建築士といった国家資格の資格の有無です。

建築士法によると100m2の未満の木造住宅は建築士資格なしでも設計できます。建築士は、建築に関する専門的な知識があり、実務経験も積んでいる人のことを指します。設計士からステップアップして建築士を目指すこともあります。

このページでは、建築士と設計士の具体的な違いを解説します。

建築士と設計士の比較表

建築士 設計士
国家資格 一級建築士、二級建築士、木造建築士
業務内容 建築物の設計と工事管理を行う。建築士資格の種類によって、出来ることの幅や種類は異なる。 規定内での設計や、設計補助を行う。
求人状況 大手建築会社から個人建築事務所、設計事務所、工務店、住宅メーカーなど 大手建築会社から個人建築事務所、設計事務所、工務店、住宅メーカーなど

設計士とは

設計士とは、資格が無くても扱える規定範囲内の建築物の設計や、設計補助を行う人をいいます。有資格者の建築士に比べると、設計士は建物の設計や工事管理など建築業務においての業務の範囲は限られてしまうのです。

しかし、建築法において100m2未満の木造住宅であれば設計可能。建築士の資格が無くても建築士のサポートいう形で、図面や設計図書を描く際の補助をしたり、建物の設計に携わることができるのが設計士という仕事です。

社会人として一から建築家を目指したいと考えている人は、資格不問の建築事務所や設計事務所などに就職、現場で建築知識を学びながら建築士の資格を取得する人もいます。

建築士とは

建築士とは、簡単にいうと「建築物の設計および工事管理を行う職業」の資格を持っている人を指します。建築士の資格を持たなければ、建築士にはなれません。

建築士法という法律に拠り、国家資格と定められている資格です。「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」の3種類があり、資格によって設計や工事管理に携われる建築物が異なります。この資格を持った者のみが、建築士の業務を行うことができます。

主な業務内容

建築士だけが行うことができる業務を紹介します。建築士の資格を持っていない者が、これらの業務を行うと法律違反となります。

  • 設計業務.....基本設計・実施設計の2段階で行われ、それぞれに意匠設計・構造設計・設備設計が含まれます。
  • 工事管理業務.....建築主や現場管理者(現場監督)とは異なった第三者の目線で、工事が設計図書通り行われているかの確認を行います。建築主への確認と施工者などへの指示も含みます。
  • 手続き業務.....行政手続きの代理や指導監督、鑑定評価。

建築士の種類

建築士の資格別の特徴や業務内容の違いについてみてみましょう。

一級建築士

試験に合格後、国土交通大臣より交付されるのが一級建築士です。住宅や学校や学校施設(体育館など)、商業施設から病院など、ありとあらゆる建築物の設計が行える資格です。安全性はもちろん、デザインに対しても多くの知識が求められます。建物に重要な事柄を考慮し、建築設計図を描き、それを元に工事を進めていきます。

資格を取得するにあたり、最低でも実務経験が2年〜4年以上なければ受験資格が得られません。設計や工事管理に、複雑で高度な知識・技術を必要とする建築物を建てることができる資格なので、十分な知識と技術・経験が求められます。

難易度の高い国家資格の一つとしても有名で、合格率は平均して約10%前後と言われています。

二級建築士

一級建築士とは異なり、二級建築士は各都道府県知事から交付を受けます。

主に戸建て住宅や、小規模クラスの施設の設計が行えます。大学や高等専門学校の建築学科などを卒業後に、実務経験なしでも受けられる資格が二級建築士です。建築学科を履修していない場合には、短期間の実務経験でも受験資格が得られることもあるそうです。

一級建築士に比べると、設計することができる建物や大きさに制限があります。戸建て住宅くらいの規模を、設計出来るというイメージです。住宅設計を行いたい場合には、必須の国家資格となります。住宅についての多様な知識や、住む人に添った暮らしやすい設計・デザインが出来ることなどが重要です。

合格率は、平均20%前後となっています。

木造建築士

各都道府県知事から交付を受け、木造の建物に関するスペシャリストと称される資格が、木造建築士です。主に木造建築の設計や工事を行いますが、木造の歴史的建造物の修繕・維持にも必要とされる資格です。

2階建て以下、延べ床面積300m2の建物の設計・工事管理を行うことが出来ます。二級建築士に比べると、扱える設計規模は限定されますが、仕事内容にはさほど違いはありません。

受験資格も二級建築士と変わりません。合格率は、平均30〜40%前後となっています。

PICK UP
注目記事
イメージ
20代・30代が働きやすい
建築会社ってどんなもの?

年功序列社会が続く岐阜の建築業界。その中で、20代・30代がやりがいを感じながら活躍できる場を提供することに、真剣に取り組んでいる建築会社があります。その若き社長にインタビューをしました。