未経験でも不動産営業に転職できるの?

業界未経験でも不動産業界で働くことは、結論から言えば可能です。年齢が若ければ若いほど、未経験でも転職しやすいのが不動産業界といえるでしょう。

未経験で不動産業界に転職できる?

不動産業界では不動産にまつわる様々な知識や経験が要されますが、未経験だからと言って転職に不利になることはありません。不動産業界では入社後に資格の取得や専門的な研修を受けることが多いため、チャレンジ精神のある人や、向学心のある人であれば、未経験でもチャレンジしやすいと言えるでしょう。

できれば年齢が若ければ若い方が、チャレンジ精神や覚える速さ・姿勢を評価されやすいですが、教育体制がしっかり整っている会社であれば、十分にチャレンジする価値はあります。

ただし不動産業界と言っても仕事内容は募集職種で異なります。他業種で培ったスキルや経験を活かせることも珍しくはないため、接客や事務など…転職前の経験を振り返りながら転職したい職種について考えましょう。

不動産業界で働くやりがい

不動産業界は人の生活に大きくかかわる仕事。様々なやりがいが得られます。

誰かの生活に役立つ

不動産業界は人に住宅を案内し、提供する仕事を担います。家は人生でもトップレベルの大きな買い物になるでしょうし、その分人の一生を左右します。人によっては一生その住宅で過ごす人もいるでしょう。

誰かの人生の一助になるという、明確なやりがいや達成感が得られます。生活に密着しているため、需要が尽きないのもやりがいの一つでしょう。

年収が高めに設定されている

不動産業界は不況に強く、どんなに時代が流れても常に需要が付きません。そのため平均年収も他業種と比べて高めに設定されています。年収アップを目指している人にとっては、大きなやりがいとなるでしょう。

年収が歩合制で設定されているような会社であれば、営業で成功した分だけ年収に反映されるためやりがいも目に見えて分かりやすく感じられます。

不動産業界の注意点

年収例が高めで未経験でも飛び込みやすいのが不動産業界のメリットですが、担当する仕事内容は主に営業メインとなります。そのためコミュニケーション力が必要なほか、わかりやすく説明できるだけの業界への理解力や知識も必要になる点に注意しましょう。

また、不動産業は景気に左右されやすい業種でもあるため、景気が悪ければ売買・賃貸ともに取引件数が減少する可能性も少なくありません。大きな買い物になるため、景気の動向をチェックしながら売り時を見極める必要があります。

PICK UP
注目記事
イメージ
20代・30代が働きやすい
建築会社ってどんなもの?

年功序列社会が続く岐阜の建築業界。その中で、20代・30代がやりがいを感じながら活躍できる場を提供することに、真剣に取り組んでいる建築会社があります。その若き社長にインタビューをしました。