岐阜で建築の「やりがい」と「働き方」を考えるメディア » 【楽座】注文住宅営業のやりがい・働き方

【楽座】岐阜の未来の暮らしを提案する
注文住宅営業のやりがい・働き方を改革する

注文住宅営業という仕事のやりがいは何?

楽座イメージ

注文住宅の営業とは簡単に言ってしまえば家を販売する仕事のことです。但し“注文”となっているのがポイントで、不動産会社が家を仲介して販売するのとは違い、施主の希望に沿ってオーダーメイドの新しい家を建築しなければなりません。

依頼されるパターンにはいくつかありますが、古くなった家の建て替えをおこなう場合と、すでに所有しているか、新たに購入した土地に新しく家を建てる場合があります。したがって設計段階から施工、引渡しまでずっとフォローしていく必要があります。

ゼロから造り上げていくものですので、その過程においては順調に進まずに困難な場面に遭遇することもよくあります。施工契約を結んだら終了というわけではないので、場合によってはクレームを抱えることもあるかもしれません。

それだけに施主と一緒に完成させる喜びがあり、無事に引渡しまで完了した際は、他の営業の仕事では味わえないやりがいを感じることができます。接客業では提供したサービスに対して感謝されるのがうれしいと言いますがそれと同じことです。

営業は表面上は家を売る仕事なのですが、本来は施主にとって信頼できる家づくりのパートナーになることです。施主とは長いおつきあいになるので良好な関係を続けることができれば次の仕事にもつながります。

住宅営業の将来性とステップアップ

岐阜県は以前から名古屋のベッドタウンとして注目を集めてきましたが、交通網の発達により利便性が高くなったことで、若年層を中心に注文住宅の需要が増加していく見通しです。そのため、岐阜県での住宅営業の仕事は将来性があると言えるでしょう。

最近では画一的なデザインのものをが売れなくなり、オリジナル性の高い住まいが求められています。求められるものは時代の変化や居住者層の変化によってどんどんと変わっていくため、その変化に対応できるようなコミュニケーション力住宅の構造や設計における知識が必要となります。

現在ではインターネットで調べればたくさんの情報を知ることができますが、住まいのデザインや設計の知識は簡単には学べません。これらに対応できる住宅営業は、施主にとって心強い存在となり、顧客の信頼を勝ち取っていくことができます。

また、同世代のほうが感性が近く、コミュニケーションも取りやすいもの。若年層を中心に注文住宅の需要が加速する…のであれば、若手の住宅営業や設計士の活躍が期待されるのは当然です。

次のページでは、住宅営業の将来性や変わっていく住宅営業の仕事についてまとめました。

住宅営業の将来性と
ステップアップ

住宅営業に必要とされる資格

住宅営業に必要とされる資格として、宅地建物取引士・インテリアプランナー・二級建築士が挙げられます。もちろん、住宅営業はこれらの資格を持っていなくても仕事できますが、資格を取得しておくと設計や不動産などに関する深い知識を持つことの証明となります。

これからの住宅営業には住宅の建設や不動産などについての深い知識も求められていくため、これらの資格を持つ住宅営業は仕事場で重宝される存在となるでしょう。

次のページでは住宅営業に必要とされる資格の詳細、それらの資格を取得することで可能になる働き方、また仕事内容や年収などについてご紹介しています。

住宅営業に求められる資格

岐阜だから感じることができるやりがい

これから就職や転職を考えている人は岐阜で注文住宅の営業が務まるのか、やりがいが見いだせるのか不安ということもあるかもしれません。

それを解消するには岐阜の特性を理解することが必要です。そこから岐阜だから感じることができるやりがいを見つけることができるからです。

まだまだ広い土地が取得できる

岐阜県内での注文住宅営業は場合によっては土地探しからお手伝いすることも少なくありません。家を建てたいと考えても土地が見つからなければ先に進めませんので、都心部のように空き地が少なく土地代が高いのは条件としてよくありません。

ところが岐阜の場合はまだまだ広い土地が取得しやすい環境にあります。公示地価は下落傾向で住宅地・商業地でも価格は横ばい状態なので、広い土地が手に入りやすく注文住宅営業が進めやすいのです。

若い家族がこれから家を建てる

岐阜市が国勢調査から作成した資料によれば、18歳未満の子どものいる世帯では「夫婦と子ども」や「ひとり親と子ども」といった家族類型の割合が高くなっており、核家族化が進行しています。

両親と同居ではなく若い家族がこれから家を建てるパターンがこれまでより多くなり、注文住宅の依頼数が増えることが予想されます。注文住宅営業の仕事は受注ありきですので将来に希望を持つことができます。

建築用の木材が豊富にある

岐阜市の資料「岐阜県の森林・林業の現状」によれば、岐阜県の森林面積は、86.2万haで県土面積の81%を占めています。また平成27年の木材の生産量は43.8万平方メートルでやや増加傾向にあります。

森林に恵まれている環境なので、住宅を建築する際の木材の調達に苦労することはなく低コストの家づくりを提案することができます。また県内の木材を使った住宅が増えれば地域貢献にもつながります。

以上のように岐阜で注文住宅営業をおこなうためには追い風となってくれる要素が多く、きちんと対応すれば営業として受注数を順調に積み上げていくことが可能です。そこに造る喜びが加われば充分なやりがいを感じることができます。

やりがいを感じるためには何が必要か

注文住宅営業の仕事でやりがいを感じるためには、営業成績がよいという売上数字的なものだけでなく、顧客と一緒に家づくりを検討して苦労しながらも完成させて引渡しまで到達できた時の感動が必要です。

ただ毎日数字に追われるだけの営業では成績がよい時はよいですが、売上が下降するような場面では拠り所が無くなってしまいます。もし現在、営業の仕事をしていてやりがいを感じないとすればそうした環境に問題があるのかもしれません。

もしそのまま状態で仕事を続けていくと将来は精神的に行き詰まってしまい労働意欲を完全に失ってしまうことも考えられます。仕事を楽しく続けるためには収入の高さも重要ですが、それだけでは人はやりがいを感じることはできません。

RAKUZA編集部より

仕事のやり方を最初から考え直すのは少し勇気が必要かもしれませんが、もしまだ20~30代であればこれから未来を大きく変える可能性があります。新しい環境で未来志向の営業スタイルを確立するためには、設計について今以上に学び、建築に関するスペシャリストになるのを目指すことになりますが、まだまだ住宅事業の発展途中にある岐阜でそれに挑戦するのは、きっと大きなやりがいがあるはずです。

インタビュー 公式HPイメージ
「家を売る」営業が「家をつくる」設計士へ

岐阜県内の有名建築会社の注文住宅営業として、トップセールスを走り続けていた桐山さん。トップを走り続けたからこそ、営業という職種事態への限界を感じたそう。お客様にとって一生に一度だけの大きなプロジェクト「家づくり」の根幹に触れるため、設計士への転身をしたその決意とは。

注文住宅営業の将来性を考える

注文住宅営業として取得したい資格

PICK UP
注目記事
イメージ
20代・30代が働きやすい
建築会社ってどんなもの?

年功序列社会が続く岐阜の建築業界。その中で、20代・30代がやりがいを感じながら活躍できる場を提供することに、真剣に取り組んでいる建築会社があります。その若き社長にインタビューをしました。