岐阜の30代の生活事情

岐阜の30代はどのくらい稼げるのか

総務省の統計によると岐阜県での平均年収は440万円、月収は27.5万円となっており他県と比較するとやや高め。しかし、年代や性別によって大きな差があります。

岐阜で暮らす30代の平均年収

  • 30代全体…425.8万円
  • 30~34歳…405.9万円
  • 35~39歳…445.7万円

ちなみに、岐阜の代表的な産業別に30代の年収を比較してみると、製造業が436.9万円、建設業が438.1万円、鉱業・採石業353.2万円、繊維工業290.2万円でした。岐阜で暮らす30代の平均年収に最も近いのは建設業は製造業です。

岐阜で暮らす30代男女の平均年収

  • 男性…464.6円
  • 女性…330.1万円

30代になると目立つのは、やはり男女の年収の差。20代の女性は収入差をあまり感じていないかもしれませんが、データを見ると女性は年齢が上がるにつれて正社員としてフルタイムで働くことが難しくなり、収入差が生まれていると予測されます。

30代で新規求人数が多い業種・職種

岐阜労働局職業安定部のデータを調査したところ、残念ながら30代に限定した新規求人数は確認できませんでした。年齢を問わず、求人募集数が多かったのは生産工程、専門・技術職、サービス職です。

大手求人・求職サイトで岐阜県勤務の20代の求人を見ると、男女を問わず販売や営業職、エンジニアなど幅広い職種で求人がありますが経験者優遇の割合が高くなっていることがわかります。

未経験者でもOKで研修や教育体制を整備している場合は、年齢が35歳までと制限付きの場合もあります。すべての企業に当てはまるわけではないですが、30代後半になると資格や経験がないと転職するのが段々と厳しくなってくることが予想されます。

30代にも人気の岐阜の代表的企業

岐阜県で人気のある企業はセリア、バローホールディングスなど岐阜を代表する流通・小売大手や地域で名がよく知られている中部薬品や西濃運輸、それと十六銀行や大垣共立銀行などの銀行業です。

社員の口コミなどをデータ化して転職・就職情報を提供しているキャリコネの情報を参考に、評点から業種を建設業界に絞り込んで10社ピックアップした結果は以下の通り。

  • 株式会社ヤグミ(建設業)
  • 株式会社 岐阜造園(建設業)
  • イビデンエンジニアリング株式会社(建設業)
  • 株式会社バウハウス丸栄(建設業)
  • 伸光通信建設株式会社(建設業)
  • 株式会社ニンテック(建設業)
  • 亀山建設株式会社(建設業)
  • パナホーム愛岐(建設業)
  • 茗芯通設株式会社(建設業)
  • ハートフルマンション株式会社(建設業)
RAKUZA編集部より

岐阜の建設業界はスーパーゼネコンの他に、中堅クラスの総合建設業者も多く、営業、設計、施工管理などの仕事に就きやすい傾向があります。また、これは岐阜に限らないことですが、Uターン転職を決めるのであればできればなるべく20代のうちに、遅くても30代前半までに就職活動をしておいたほうが良いでしょう。

岐阜で暮らす20代の
求人・収入について

PICK UP
注目記事
イメージ
20代・30代が働きやすい
建築会社ってどんなもの?

年功序列社会が続く岐阜の建築業界。その中で、20代・30代がやりがいを感じながら活躍できる場を提供することに、真剣に取り組んでいる建築会社があります。その若き社長にインタビューをしました。